サラフェは効果が無い?

サラフェを使った人の中には、効果が無いと感じている人もいるようです。

効果が無かったと言っている人は、公式サイトの口コミなどから見つけることができます。

どのような商品のときでもそうですが、初めて使おうとしているもの、特にサラフェのようにある一定のことに対しての改善や効果を期待するものの場合、効果が無いと意味がありませんよね。

だからこそ買う前に効果があるのか調べて、自分で納得してから買った方が良いのではないかと思います。

サラフェが効果無しだと言っている口コミを見てみると、

「使い始めは効果が無かった。でも使い始めてから少しずつ効果を感じるようになった。」

「一度塗っただけでは効果が無かった。調べてみたら二度三度と重ねると良いとあった」

など、さまざまな理由があるようでした。

実際効果が無いと言っている人は10人中1人の割合なので、効果が無いと感じている人は確かにいるようです。

効果が無かったとしても使い続けるうちに効果がでたり、使い方に工夫をしたら効果を感じるようになった人もいるようなので、諦めずにいろいろな使い方を工夫するのもひとつの方法ではあります。

サラフェを化粧下地に使う

暑い季節になると気になってくるのがメイク崩れだと思います。

外に出ただけで汗が噴き出て、同時にメイクが崩れてしまう…そんなことありませんか?

暑い季節のメイク崩れは、化粧下地をサラフェに変えるだけで防げることがあります。

皮脂崩れに強い化粧下地はたくさんありますが、あまり効果がなかったり、ほんの数回メイク直しの回数が減っただけだったりします。

しかしサラフェは皮脂に強いことが有名なので、化粧下地に使う方法も効果的なのです。

いくら皮脂に強い化粧下地を使っても、汗をかけばどうしても皮脂が浮き出てきてしまうので、汗をかきやすい暑い季節だと、結局化粧直しが必要になってしまいます。

一般的な皮脂崩れ防止化粧下地とは違い、サラフェは汗を抑える効果がある商品なので、根本的原因から解決しているのです。

もちろん汗を抑えてくれるだけでなく、皮脂によるテカリを防ぐエキスも配合されていますので、暑い季節にはおすすめの化粧下地と言えるのではないでしょうか。二重癖付け

汗っかきさんの苦労(ビジネスウーマン編)

毎日忙しい、働く女性の汗っかきさんの苦労を追ってみました。

出勤前: シャワーして制汗スプレーは必需品です。

出社後: トイレに入って顔を洗いお化粧もなおす。首や脇などの汗を拭く。ひどい場合は下着も着替える。また制汗スプレー使ったり、クールタオルで首筋を冷やしたり忙しい。

デスクワーク: おしぼりで手の汗を拭いたりパウダーをはたきながら、書類しごと。パソコンのキーボードもときどきフキフキ。

会議: プレゼンでは緊張するし、鋭い質問されると顔から汗だらだら。その場ではハンカチで拭いてしのいで会議が終わったら汗ふきシートでもう一度フキフキ。やっぱりまた化粧直し。

昼休み: 食堂で同僚と一緒におしゃべりしながら食べたいんだけど、汗で顔中テカテカになっちゃうのでひとりで汗をかかないサンドイッチ。昼にまた化粧直ししておかなくちゃ。

午後の仕事: 取引先のお客様自身に会ったり、外回りしたり、お使いにも行ったりして、忙しいのでもう汗をかいたらふいてふいて鏡を見る時間がない!きっともうほとんどスッピン状態でしょう!(開き直り)

サラフェの最安値はココしかない。

社会人としては化粧しなければならないけど、汗との闘いに負けてしまいそうな汗っかきさん。顔汗に負けない「サラフェ」がありますよ。顔用の制汗ジェルで、汗によるお化粧崩れを防いでくれます。

制汗剤を顔に塗っても大丈夫なの?

「顔汗用の制汗剤っていうのがあるのよ~」って言うと、「え~大丈夫なの?」とか「肌に悪そう~」とか言う人が多いんですよね。きっと今まで匂いの強い制汗スプレーやパウダーしか見たことがなくて先入観があるんだと思います。

サラフェは顔汗用の制汗剤なんですが、効き目はバッチリありながら、お肌にやさしい 無添加・無香料なんです。

サラフェは脇の下や足の裏の汗を抑え、匂いを抑えるデオドラント製品とは成分からして差別化されているんですよ。脇の下はアポクリン汗腺から出る汗が皮脂や雑菌と混ざって匂いを発生させるため、この菌を殺菌するための成分が必要なんですが、顔にはアポクリン汗腺はありませんし、匂いを気にするわけでもないのでこの強い殺菌成分は含まれていないんです。

サラフェの汗を抑える有効成分は 「高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛」です。これは、毛穴から出てくる汗をさっと捕まえて流れないようにする機能があるんです。だから汗の量が減るんですね。

そして敏感な顔の肌のために、天然由来の植物エキスが配合され、保湿と鎮静ケアをしてくれるんです。

顔に塗っても大丈夫な理由、納得してもらえたでしょうか?